カードローン

空港ラウンジが利用できるクレジットカードの種類はどのような物があるか

何かと気苦労が多く、疲れもたまりやすい海外旅行。
そういった喧騒から離れ、自身のリラックスした時間を取り戻す空間こそ、空港ラウンジです。
ただこの空港ラウンジ、国内でも1000~2000円。

さらに海外の空港ラウンジを利用するのであれば、プライオリティパスなるシステムに登録しなければなりません。
ところがこのプライオリティパス、年会費が日本円にしておおよそ4万円近く(2013年相場)かかってしまいます。
ここはクレジットカードで、プライオリティパスと提携しているカードを狙うといいでしょう。

この場合ならば年会費に含まれており、無駄な出費をせずに済みます。
空港ラウンジを利用するにあたってはまた、国内線がメインなのか。
はたまた海外を主に回るのか、で考えて下さい。

前者の国内線メインであれば、29歳以下の人であればJCBゴールド EXTAGEが年会費が安く人気があります。
また海外メインであればセゾン・プラチナ・ビジネス・アメックス・カードと楽天プレミアカードがいいでしょう。
セゾンはポイントが永久不滅ですし、楽天カードは楽天市場でも使用できるポイントが貯まりますから非常に使い勝手がいいですね。
年会費も他カードに比べて格安です。

このページの先頭へ