カードローン

クレジットカードの家族会員の口座は別に出来るか

クレジットカードというものは、基本的にそのカードを持つ人の属性によってカードが貸与されるか、また融資限度額はいくらになるのかが設定されるものです。
ということは、基本的にはカード会員意外の人の口座を別にする、ということは出来ないはずだし、そもそも馴染みません。
確かにクレジットカードには家族会員なるカードも存在はするのですが、これはあくまでも例外といっていいと思います。

例えばご主人がクレジットカードを持っていたとします。
その人の属性が良好な場合、あくまでもそのクレジットカードのいわば子カードのような感じで、奥さんなり子供さんなりがカードを発行されることはあるようです。
もちろんその子カードを支払った明細は、本クレジットカードを持つご主人さんが支払うことになりますし、請求先も当然にご主人さんのところに行きます。

ご主人さんの属性を元にカードを発行しているのですから、これは然るべきことだと思います。
但しこちらにも例外があり、カード会社によっては口座を別にしても可能な会社もあるにはあるようです。
ただしこの場合であっても、余分な事務手数料を取られたり、手続きが非常にややこしいものであったりする等、現実味はやや乏しい部分は否めません。

このページの先頭へ