カードローン

クレジットカードとカードローンの違いとは

クレジットカードとカードローン
これには一体、どのような違いがあるのでしょうか?
一番に考えられる点は、その利用方法ですね。

前者のクレジットカードは、そもそも主に買い物をすることを前提に作られたカードです。
これはクレジットカードの明細を見れば明らかでしょう。
クレジットカードにはおおむね、買い物枠とキャッシング枠が設定されており、必ずといっていいほど買い物枠の方が大きく設定されています。

キャッシング枠はどちらかといえばおまけ的な存在で付属されているケースが多いです。
後者のカードローンは、反対にキャッシング専用に特化されたカードです。
ですからキャッシング枠もクレジットカードに比べて大きく、金利も安めに設定されています。

あまりカードを利用しない人にとっては、クレジットカードの方がいいと思います。
なぜならば、クレジット、キャッシングの両方を利用出来るからです。
うまく使いこなせるのであれば両方のカードを持っておくと便利でしょう。

例えばクレジットカードでうまくポイントを貯めつつ、金利の少ないカードローン専用を利用して生活に活かしていく、といった手法も可能になってくると思います。
どちらにもメリット、デメリットはありますので。
うまく使い分けて利用したいところです。
クレジットカード会社を徹底比較についての記事も参考にご覧ください。

このページの先頭へ